スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Guitar HeroシリーズとRock Bandシリーズ比較等

わたくしが口を酸っぱくして神ゲー神ゲーと1日に30回は言っている洋楽ロック音ゲー、GH/RBシリーズですが、「ちょっと気になる」「だけどその2本てそもそもなんで分かれてんの」「どう違うの」という興味を持たれている方が日本にまだ1人ぐらいはいるかもしれないのでそれぞれのタイトルの比較や片方のシリーズでしかできないことなどをまとめていきたいと風呂入りながら思った今回もエゴいあれ。



その1:簡単なシリーズ発売の歴史

まず記念すべき最初の「Guitar Hero」が2005年に北米で発売される。もちろんGuitar Freaksのパクりを手本にして開発されたようだ。
開発元はHarmonix Music Systems、販売はRedOctane(伏線ですよ!!!!
この1作目と関連商品だけで10億ドル以上売り上げたらしい

当然のように2作目「Guitar Hero Ⅱ」が作られる。開発は同じHarmonix これもバカ売れ

2008年、3作目「Guitar Hero Ⅲ」はなんと日本でも発売された(自分が最初に購入したのはこれ)。ここからカバーではなくオリジナル音源まんまで楽しめるようになる。
しかしここで何が起きたのか大人の事情かⅢはアクティビジョン販売、開発はNEVERSOFTに。

GHⅢが出る1年前、初代GH,Ⅱを開発したHarmonixが「Rock Band」を作り、MTV Gamesが発売した。このRock BandもHarmonix開発のままシリーズ化されることとなり今に至る。


ということで姉妹品というか仲違いというかよくわかりませんがGH/RBの基礎はHarmonixにあり、ということになります。ゲームの本質自体にほとんど違いはありません。めでたし。



その2:収録曲

GH/RBでそれぞれ収録曲や数は違うし、一部両方とも収録されてる曲もあります。
ざっくり言ってしまうと、

GHシリーズはパッケージタイトル多め、DLC少なめ
RBシリーズはパッケージ少なめ、DLC超多め

パッケージはだいたい1タイトルで40~70曲程度、日本の箱/PS3でできるGHシリーズのパッケージは10本、RBシリーズは5本。RB1はアジア版しか日本本体で起動せず現在プレミア化。RB2はアジア版がなくリージョンロックがかかっており日本本体ではプレイできません。が、GH/RBシリーズには過去作の曲を最新作にインポートすることができRB2の曲のインポートだけなら日本本体でも行えます(RB3でRB2の曲ができる)。

GHのDLCは、少なめと言ってもそれはRBシリーズと比較しての話で約650曲とかなりあります。しかし特定のタイトルでしかプレイ不可能なDLCもあるので注意が必要です。現在はもう新作DLCの配信は行なっていません。
GHシリーズ収録曲一覧

RBシリーズは現在でも毎週DLC配信が行われており、メジャーレーベルのライセンス曲は1900曲以上、インディーズレーベルが独自に譜面を作成しRBのサーバーに提供する画期的システム「Rock Band Network(以下RBN)」にはすでに2000曲以上の楽曲が配信されています。合計でなんと約4000曲。はんぱねぇ。もちろんほとんど有料です(ライセンス曲1曲160MSP、RBN曲1曲80MSP or 160MSP)。RBN曲に限っては無料で短めのデモバージョンもDLできます。
RBシリーズライセンスDLC曲一覧



その3:ゲームシステムの微妙な違い GHシリーズ編
非常によく似た2つのシリーズではありますがそれぞれのシリーズでしかできない機能などもあります。まずはGHシリーズでしかできないこと。

・ベース譜面にオープンピックがある
これはGH:WTぐらいから追加されたのですがベースパートにはギタフリにもあった何もボタンを押さずピッキングだけするオープンピックがある譜面で遊べます。単ボタンがほとんどでやや単調になりがちなベース譜面を面白くするために一役買っています。RBシリーズにはオープンピックがないのでベースパートがやや物足りない感はあります。

・タッチ譜面がある
ピッキングしなくてもネックボタンを押すだけでおkなタッチノーツもGHだけ。滝のようにノーツが降ってくる地帯で両手を使ったほうがいい場面でもピッキングは気にしなくていいので楽になる。

この他GHは音ゲーには必須といえるハイスピ(譜面スクロール速度を速くする)が6段階と細かく設定できる(RBは2段階のみ)




その4:ゲームシステムの微妙な違い RBシリーズ編

・キーボードパートがある
自分は持ってないけどキーボードパートがあるのはRBだけ。オンでも最大5人同時プレイ可能。

・ギタコンにソロボタンやエフェクター切り替えが可能
ゲーム中にタッチノーツはないが、RB用ギタコンにはネックの根元にもう1セットボタンがついておりギターソロの時にそのソロボタンを使えばピッキングしなくてもOK。しかしかなりやり込んで慣れないと自分のように全く使いこなせないので難しい。
ギターソロ中と、ゲージを貯めてスコアが2倍になるオーバードライブ中にはエフェクターを切り替えてワムやエコー、ベースの場合ディストーションなど5種類のエフェクトを使うことが可能。スコアには直接関係ないがナイスな遊び心。




どう締めればいいかわからなくなった
とまぁこんなところです 何か付け加えたくなったらまた書く
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

おすすめはどっちですか

Re: No title

> おすすめはどっちですか

コメントありがとう!!
最初に入るならGHの方を勧めます!なぜかというとGHシリーズの方が若干判定が優しいから(譜面とタイミングが多少ずれていても弾けたことになる幅がRBより大きい) ということで買うならまずはGHシリーズで一番新しいGH:Warriors of Rockをすすめます
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

こりも

Author:こりも
ゲームと洋楽が好きです。
Xbox360を主戦場としています。主なプレイジャンルは格ゲー、音ゲー、レースゲーなどですが他にもいろいろやります。
実績好きです。現在約75000G。

洋楽は主にUKロックを好みますがUSにも好きなバンドは沢山います。最近はスラッシュメタルにハマっております

好きな食べ物:ラーメン、スープカレー

最新記事
Xbox360 ゲーマースコア
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。