スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

好きなバンド1つに対して5曲ほど特に好きな曲を淡々と紹介するコーナー 第3回 The Strokes

第1回2回とイギリスのバンドの曲を紹介しましたが今回はアメリカはニューヨークのバンド、ストロークス。

デビューシングルの時点で人気に火がついていた彼ら、2001年に出したデビューアルバム「Is This It」の効果的に肉抜きされシンプルなロックンロールの骨格がむき出しになったその作風は、21世紀のオルタナ/インディーロックの指標を示したと言っても過言ではない歴史的な名盤となりました。

そしてストロークス以降後を追うようにUS,UK問わずインディーやガレージロック界から多くの魅力的なバンドがあらわれ「ロックンロール・リバイバル」というムーブメントになっていきます(例としてホワイト・ストライプス、ヴァインズ、リバティーンズ、ハイヴス、22-20sなど)。
現地メディアの先導等もあったとは思いますがリアルタイムでこのムーブメントを体感しお気に入りのバンドが沢山出来たので2001~2003年ぐらいは個人的にすごく楽しい時期でした。

ちょうどこのストロークスのデビューアルバムが出た頃に当時高校同級生の洋楽友達が「すごいバンドが出てきた」とMDを学校まで持ってきて紹介してくれ、早速収録曲の「New York City Cops」を聞かせてもらったところ一発で気に入ったのを今でも覚えています。


ただただシンプルでありながら古さと現代のオシャレさが共存する音作りと気怠そうなVoジュリアンの声が妙にマッチ。
しかも全11曲で4分以上の曲一切なし!潔い。



Last Nite


こちらも1stからの曲。どうやら私は乾いた音のツインギターがスピーカーのLRに振り分けられたのがはっきりと聞き取れるバンドにかなり弱い模様。
ストロークスのメンバーは音だけでなくファッションもシャレオツ。いかにもNYっぽい
ギターソロ中酒飲んで自由に動き回るジュリアンが面白い。



2ndアルバム以降はシンプルながらギター音をエレクトロチックにしたような曲も増えてきてなんかキュート。
こんな感じに。



ネオンのような演出が綺麗。特にジュリアンがマイクをぐるぐるするとき。





Juicebox


3rdアルバム「First Impressions of Earth」収録のストロークスにしては低音が効いたかなり激しめな曲。ベース音がたまらない。ジュリアンもシャウト多し。








Red Light


同じく3rdから。つかみのトゥックピックがかわいい。ギター音もかわいい。







Taken for a Fool


4thアルバム「Angles」より。右スピーカーから聞こえる気の抜けたようなプワプワしたギター音が癖になる。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

04 | 2017/05 | 06
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

こりも

Author:こりも
ゲームと洋楽が好きです。
Xbox360を主戦場としています。主なプレイジャンルは格ゲー、音ゲー、レースゲーなどですが他にもいろいろやります。
実績好きです。現在約75000G。

洋楽は主にUKロックを好みますがUSにも好きなバンドは沢山います。最近はスラッシュメタルにハマっております

好きな食べ物:ラーメン、スープカレー

最新記事
Xbox360 ゲーマースコア
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。