スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生を変えた2001~2002年の洋楽聴き始め遍歴 その1

自分が洋楽ロックを聴くようになったのは高校入学してすぐに友達になったA君の存在が非常に大きい。ちなみに中学の時は布袋寅泰さんにハマってました(^^ゞ

高1の時が2001年で、そこからの特に2年間はいろんなバンドを紹介してもらいながら、時には自分からCDを買い、聴き、好みも移り変わり、こういうバンドが好きだという方向性を決定付けていった時期でもあるので覚えてる限り順番に洋楽リスナーマンとしての序盤を振り返る 年齢バレ(゚ε゚)キニシナイ!!


まずA君に聴いてみなよと一番最初貸してもらったCDが、2001年3月に出たばかりの、

51+obnpBTyL.jpg

AerosmithのJust Push Playです。インパクトのあるジャケは見せてもらった瞬間笑ったのを今でも覚えています。
このアルバムが自分の人生で初めて洋楽バンドのアルバムを通して聴いた作品ということになります。
この1枚で一気に洋楽にハマったかというとそうでもなく、何回か聴いてるうちにサビを覚え始めてかっこいいなと思うぐらいで「うおーエアロやべー他のアルバムも聞きたい!!」まではいかなかった。


けど『洋楽バンドかっこよかったし視野を広げて聴いてみるもんだなぁ』という気持ちにはなり、ほどなくして中学の時にプレイしていたギターフリークスに洋楽のカバー曲が入っていたのを思い出し、

4182GN1AQ5L.jpg

Deep Purpleのベスト盤(音質激悪)と、



51HRBPETPTL.jpg

Mr.BIGのグレイテストヒッツを中古で見つけたので購入。どちらもベスト系というところがいかにも聴き始めっぽい///

ちなみにギターフリークスにはDeep PurpleのHighway starやBurn、Mr.BIGのDaddy, Brother, Lover, Little Boyのカバーが収録されている時期があってそれで知っていたのが購入動機。


この2枚に関してはエアロスミスを聴いた時よりどっぷりハマり、『このCD2枚さえあればもういいや』という少々危険な思考に至るほどヘビロテしました。少なくとも2,3ヶ月は毎日ずっと聴いてたと思います。Mr.BIGに関してはギタリストのポール・ギルバートのソロアルバムにも手を出す程でした(でもMr.BIGのオリジナルアルバムは全く買ってないという・・・)


この視野が狭くなった状況にA君はまずいと思ったのか、次に貸してくれたのは

51astj2rrhL.jpg

Oasisの2ndアルバム、(What's The Story) Morning Glory?でした。

それまで偶然にもハードロック系ばかり聴いている形になっていたのでこれを最初聴いた時は速弾きもないしすごいさわやかだな、こういうロックもあるんだな、というちょっと面食らった感じになりました。
曲によってリアムとノエルでボーカルが変わるのでそこも新鮮でした。
完全にハードロック耳になっていた当時は一聴してグッとくるものではなかったですが借りた時にカセットテープにダビングしていたので部屋でBGM代わりのようにしながら長い期間聴いてるうちにじわじわその世界観に侵食されていくことになります。

この作品を機に洋楽ロックは何もアメリカだけじゃない、イギリスもすごいんだと認識し、UKロックバンドへの興味が湧いてきました。この頃からUK贔屓なところが出始めたのかもしれません。



そして雑誌やPCなどで軽く情報収集したりして、UKロックの名盤として紹介されていたCDをまた中古で見つけたので買ってみることにしました それが





51ycLXtgGTL.jpg

RadioheadのOK Computerです。

再生ボタンを押し最初の音がなった瞬間から息を呑みました。ものすごい作品に出会ったと確信しました。
こんな音楽があったのかと。こんなロックがあったのかと。
その世界観も相まって思考は半ば中二病的な状態になりました。リズムに乗らずただ黙って一点を見つめたり、目を閉じながら聴くロックにどっぷりハマりました。
それまで出てたradioheadのアルバムも全て買い非公式ブートレグにまで手を出すほどでした
スポンサーサイト

Rock Band 3の基本操作と画面説明を解説 その2

その2ではゲームシステムとプレイ画面説明を主に!!
RB3ではギターパート、ベースパート、ドラムパート、ボーカルパートの4パートが専コンやマイクあれば楽しめますが今回の説明では最もプレイ人口が多くポピュラーなギターパートのていで説明を行います。

ddd.jpg

Aがメインとなる譜面(ノーツ)が上から流れてくるレーンです。その1でも軽く説明したとおり流れてきたノーツと同じ色のフレットボタンを押さえたままストラムバーを弾くと音が鳴ります。ノーツの種類については後ほど。

Bは音ゲーには欠かせないテンションゲージ的な意味合いのゲージで、演奏に失敗するとゲージが減っていきなくなると曲が中断されてしまいます。
しかしRB3ではオプションでゲージがなくなっても中断にならないように設定できる(No Fail)ことに加え、No Failにチェックを入れたとしてもオンラインハイスコアには記録されるため有効にしているプレイヤーの方が多く、さほど意味のないものといえます。
後述するオーバードライブ発動中ではゲージの上がり方が飛躍的に上昇します。

Cは見ての通りその曲での現在のスコアです。目指すぜハイスコア

DはCにあるスコアによって増えていくスターで、ビーマニ系の音ゲーに例えると曲終了後のリザルト画面でアルファベットで表示される(BやAAなど)評価と同じ役割です。
スターの表示は最大5個まで増えていき、さらに曲ごとに定められたスコアに達すると
                 2013y10m06d_224052843.jpgこのゴールドに変わる瞬間に達成感に包まれる!
スターがゴールドになりこれが最高評価となります。フルコンボしなくてもゴールドスターを獲得することは可能ですし、プレイ次第ではたとえフルコンボしたとしてもゴールドスターにならないことがあります
ちなみにゴールドスターは各曲各パートの一番高い難易度、『EXPERT』でプレイしないと絶対に獲得できません。古めのDDRでいうと難易度表示の足マークを緑色(MANIAC)にしないと取れないようなもんです。


Eの波線の上にあるゲージはオーバードライブ(以下OD)ゲージです。ここでRB3のスコアを伸ばすシステムであるODについて説明します。

曲の指定された箇所においてノーツが白くなる部分が流れてくる時があります↓
2013y10m07d_004820484.jpg


このノーツが白くなっているゾーンを全てミスせずに弾くと、ODゲージが1/4または1/2増加します。この画面のようにレーンの両サイドが黄色く光っている時は1/2増加し、光っていない時は1/4増えます。一度でもミスしてしまうとODゲージは増えません。
しかしその1で触れたロングノーツにおいては例外で、白いロングノーツ中にワーミーバーを動かした分だけ無段階でODゲージが増加していき、その後同じ白ノーツゾーン内でミスしてもそれまでにワーミーバーで獲得した分のODゲージは失われません
長いロングノーツになってくるとそれだけでODゲージが全て貯まる時もあるので、ハイスコアを目指す上ではワーミーバーを操るテクニックも重要になってきます。

ODゲージが1/2以上貯まっている時は好きなタイミングでODを発動することが出来ます(ドラムパートとボーカルパートは発動できるポイントがある程度決まっている)。ギタコンの場合発動の仕方は2種類あり、ギタコンを立てるようにし、内蔵された傾きセンサーで発動する方法と、BACKボタンを押す方法があります。その1で紹介したストラトキャスターギタコンはストラムバーの近くにBACKボタンがあるためBACKボタンでの発動はしやすく自分も今はBACKボタン発動がほとんどです(傾き発動はギタコンを動かすのでミスを誘発しやすいため)。ギタコンのモデルによってはBACKボタンが離れた位置にあるものもあるのでその場合は傾き発動がメインになると思います。OD発動に対応した別売りのフットペダルも海外で販売されています。
OD中は貯まっていたODゲージが徐々に減少していき空になるまで継続されます。減少スピードは曲によって異なります。

ODゲージの中央にある数字はスコアマルチプライヤーで、最初は何も表示されていませんが10コンボごとに2倍→3倍→4倍とスコアが増えていきます。1度でもミスするとまた1倍に戻ります。
OD発動中はスコアマルチプライヤーがこの表示のさらに2倍になるということなので、通常時最高の4倍の時に発動すればスコア8倍となりいかに4倍を維持したままODを使い、OD発動中もミスすることなく8倍のままスコアを稼ぐというのがゴールドスターやハイスコアをとるセオリーとなります。
前述のとおりODゲージさえあればOD発動のタイミングは任意なので、世界の上位スコアラーは一番効率よくスコアが得られる箇所を研究しここぞというタイミングでODを発動します。2013y10m05d_011926342.jpg
↑ODを発動しスコアが8倍になっている状態。OD中はレーン内部の両脇に黄色いエフェクトが発生します。



レーン上部にパーセンテージの表示された枠が出現すると、そのパートの魅せ所、ソロゾーンに入ります↓
2013y10m05d_012032309.jpg
ギター・ベースパートのソロどちらでもソロゾーン中にソロフレットボタンを使えばストラムバーを操作しなくてもソロボタンを押しただけで弾いたと判定されるので細かいノーツパターンの時に真価を発揮します。画像のような同じ色を早弾きするパターンではあまり意味がありません。

ソロゾーンが終わるとパーセンテージに応じた追加スコアが得られます↓  目指せソロ100%
2013y10m05d_012046477.jpg



最後にノーツの種類について。この画像のノーツをよく見ると↓、
2013y10m05d_011637891.jpg
赤のノーツは普通ですが黄色と青のノーツが若干小さいのがわかるでしょうか。このような譜面をHOPOノーツなどといい、ギターフリークスシリーズにはないRBシリーズのプレイングをより楽しくする特徴的な要素となっています。

HOPOとは実際のギターのテクニック、ハンマーオン・プリングオフの頭文字で、弦を押さえたまま他の指でまた弦を押さえていく、または離していく運指をゲームに少しでも反映しようとしたものです。
言葉にすると少々説明が難しいのですが具体的な操作方法の影響を上の画像を例にすると、黄色と青のノーツが赤と同じ通常のノーツだった場合、全てのノーツでストラムバーを弾かなければなりませんが、この場合黄色と青がHOPO譜面なので、赤のノーツを通常通り弾いたあとは、黄色と青のノーツにおいてストラムバーを動かさなくてもボタンをタイミングよく順番に押していくだけで判定されます。この時の運指パターンの例を出すと、

赤フレットボタンを人差し指で押さえてピッキングする
        ↓
赤フレットボタンを押さえたまま中指で黄色フレットボタンを押す
        ↓
赤・黄色フレットボタンを押さえたまま薬指で青フレットボタンを押す

でもOKですし、押さえる色を変える時に前の色のフレットボタンを離して1個ずつ押さえていっても構いません。この絶妙な自由度の高さが音を出すこと自体の爽快感を増しています。

そして画面説明で貼った画像では↓
ddd.jpg
最初の青→オレンジノーツへは先ほどの同じように弾けますがその後の譜面のように右から左へとHOPO譜面になっているパターンもあります。この場合の運指でも最初の青ノーツ以降は全てタイミングよくフレットボタン押すだけで判定されます。
ただし押さえっぱなしにしていてもいいフレットボタンはあくまで左側の色→右側の色によってのみ適応されるので、この画像の場合ミスしてしまう運指の例は、

薬指で青フレットボタンを押したままピッキングする
         ↓
青フレットボタンを押さえたままオレンジフレットボタンを押す
         ↓
青フレットボタンを押さえたままオレンジフレットボタンだけを離す ←これだけで2番目の青ノーツがHOPOとして判定されます。HOPOノーツは押さえた時だけでなくボタンを離した時に押さえていた他の色の判定も行います。
         ↓
青フレットボタンを押さえたまま中指で黄色フレットボタンを押す ←これがNG 前述のとおり押さえたままでもOKなのは左から右の色の移動の時のみなので、この場合青フレットボタンから指を離してから黄色フレットボタンを押さないと判定されません。


逆にHOPOらしい大胆な成功運指例としては、

薬指で青フレットボタンを押したままピッキングする
         ↓
青フレットボタンを押さえたままオレンジフレットボタンを押す
         ↓
一旦全てのボタンから指を離し、人差し指・中指・薬指でそれぞれ赤・黄色・青フレットボタンを同時押しする ←なんとこれでもOKです。単独のノーツの場合その色より左側の色はいくら押さえてても判定してくれます。画像の譜面の場合オレンジの次は青単独ノーツなのでそれより左の色である緑・赤・黄色フレットボタンはどこをどう一緒に押さえようがOKです。この法則はHOPOノーツでなくても適応されます。つまり画像一番最初の青単独ノーツにも同様のことが言えます。もちろんこのノーツはHOPOノーツではないのでピッキング操作は必須です。
         ↓
押さえた3本の指から薬指のみを離す ←これで黄色ノーツ判定。ボタン離しの時は押さえている一番右側の色が適応されます。
         ↓
中指を離す ←これで赤ノーツ判定。



わかりましたでしょうか。本物ギターからヒントを得た、格闘ゲームでいえば簡易入力的なシステムがこの音ゲーには盛り込まれています。

もちろんHOPOノーツはタイミングがズレていなければピッキング操作をしてもOKです。「それだと押した時とピッキングで2回判定されないの?」と思った方、非常にセンスあり!! ご心配なく、ある程度タイミングに遊びがあり人間の感覚で同時に操作したと言える場合そこは1回の判定としてくれます。
ただしHOPOノーツが流れてくるのは基本的に早いタイミングで運指を行うパターンの場合が多いので1回1回ピッキングするよりもHOPOノーツのテクニックでプレイした方が慣れればラクに、また非常に楽しくプレイできます。

ちなみにODゲージ獲得のための白ノーツのゾーンでもHOPOノーツは流れてきます。この場合通常よりノーツの見極めが難しいのでディスプレイの小さいモニタやTVでプレイしている人、コンポジ接続の人はちょっと辛いかもしれません。
2013y10m05d_011732846.jpg


↑この画像の白ノーツゾーンの場合赤○で囲ったノーツがHOPO譜面です。曲数が多いこのゲームで譜面を全て覚えるのは無理に等しいので正しくテクニックを使うためにはこのノーツの見極めを素早く行い的確にプレイングしていく必要があります。



プレイ画面とシステムのあらかたの説明はこれで終了です。今回も予想より長くなってしまいましたが、ここまで読んでくれた方に感謝します。

【RB3配信試聴ガイド兼】Rock Band 3の基本操作と画面説明を解説 その1【今更】

超今更だけど日本語サイトではほとんどなさそうなのもあってわたくしの大好きな洋楽音ゲー、Rock Band 3(以下RB3)の基本を画像など交えて見切り発車で説明していく    ブログネタがないんだよ!!

自分のRB3配信や録画たまに見てくれてる人は画面上で何が起こってるのかソフトを持ってないと全部をわかってないと思うのでより楽しみながら見れるかなという狙いも兼ねて説明おじさんになります もしかして将来的にRB3に興味持った人が具体的にどういうゲームなのかググってここにたどり着いたりはしないんだろうか・・・・もしそうなったら昇天モノでございます



まずRB3専用ギタコンについて!
Xbox-360-Rock-Band-Retail-Bundle-Lacks-Wireless-Guitar-2.jpg

RBシリーズのギタコンはいくつかモデルの違いなど出てますが基本はだいたい同じなので一番ポピュラーで自分も使っているストラトキャスタータイプのギタコンで解説します。


Aで囲った部分はメインフレットボタンで、ちょっとわかりにくいですがヘッドに近い部分からグリーン・レッド・イエロー・ブルー・オレンジの5色のシールがそれぞれのボタンに付いており、対象のレーンに来たノーツと同じ色のフレットボタンを押さえてピッキングすればOK。ギターフリークスも近年5ボタンバージョンになりましたが基本はそれと同じです。


Bの部分にもボタンの幅は小さいですがもう1セットフレットボタンが付いており、これをソロフレットボタンと呼びます。
RB3のプレイはメインフレットでもソロフレットでも全てどちらか片方でできますが、その2で説明する『ギターソロゾーン』においてソロフレットでプレイすると、ボタンを押すだけでピッキングしたことにもなるのである程度ゴリ押しができたり、ライトハンド奏法など高等テクニックにも対応しています。
ちなみに私はメインフレットの効きがいまいちになってきたので常時ソロフレットでプレイするという希少種RBプレイヤーになってます。
実際にやってみるとボタンの幅の差異のせいでプレイ感覚もかなり違うので両方を臨機応変に使いこなすというプレイは大変なのでギターソロゾーンに入ってもメインフレットだけでプレイする人がほとんどだと思います。
さらに余談ですが姉妹シリーズのGuitar Heroギタコンの場合互換性はありますがGHギタコンの一部はメインフレットしかないのであしからず(GHシリーズにはシステム上区別されたギターソロゾーンがない為)


Cの部分はピッキング操作に使うストラムバーです。
対応する色のフレットボタンを押さえ、かつストラムバーを下げる(or上げる)操作を同時に行って初めて音出しの判定が行われます。初プレイ時はこの両手で違う操作をする感覚に慣れるまで結構時間かかります。
20131005013352.jpg

↑この写真の角度からだとわかりやすいと思うのですがストラムバーは指でつまめるようになっており、かつピッキング判定はバーを下げても上げても反応するのでバーをつまんで上下にすばやく動かせば早弾き譜面時のオルタネイトピッキングにも対応できます。これもギターフリークスと同じ仕様ですね。あちらのバーはもっと太かったと思いますが。
RB3ストラトキャスターギタコンはストラムバー操作感が非常に軽く内部はセンサー方式なので、スイッチ方式でカチカチ操作音がするGHギタコンよりかなり静かです。ただしフレットボタンはメイン・ソロ共にクリック感が結構ありカタカタ鳴ります・・・


Dは本物ギターにも付いてるワーミーバーで、最初に言ってしまうとこれは使わなくてもフルコンボクリアできますが、ハイスコアを目指す上では使う箇所が出てきます。詳しくはその2で!
ロングノーツ(ピッキング後もフレットボタンを押さえたままにする譜面)時にワーミーバーをぐいぐいさせると音が ぎゅんわ~~~ん と歪みまくります
2013y10m05d_011511957.jpg
↑ロングノーツの一例。この場合最初の横長ブロックのような形の部分でピッキング後イエロー・ブルーフレットはずっと押さえたまま細く紐のようになってる部分でワーミーバーが使えます。

RB3ストラトキャスターギタコンにはこの他にエフェクターつまみも付いてますがこれはクリア・ハイスコア共に影響しないオマケ要素なので割愛します。


ギタコンの各部名称と役割の基本を説明したところで思ったより長くなったのでゲーム画面説明等はその2でUPします!
09 | 2013/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

こりも

Author:こりも
ゲームと洋楽が好きです。
Xbox360を主戦場としています。主なプレイジャンルは格ゲー、音ゲー、レースゲーなどですが他にもいろいろやります。
実績好きです。現在約75000G。

洋楽は主にUKロックを好みますがUSにも好きなバンドは沢山います。最近はスラッシュメタルにハマっております

好きな食べ物:ラーメン、スープカレー

最新記事
Xbox360 ゲーマースコア
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス数
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。